有限会社サンサール お問い合わせ窓口

電話番号 : 092-781-5184
住   所 : 〒 810-0001

        福岡市中央区天神5-1-15-705

 

  • s-facebook

Facebookページ更新中。

© 2013 by Sansar. All rights reserved.

ベンガルの女性たちは、使い古され柔かくなった白木綿の古布を重ねて刺し子し、宗教モチーフや幸せをもたらす動植物、身の周りの道具など、ベンガルらしい図柄を刺繍で描いてきました。
家族の幸福と繁栄を祈って作られたカンタは、宗教儀式や花婿花嫁の座る敷布、赤ちゃんを包むおくるみに使われ、人々の慎ましい日々の暮らしを豊かに彩って来たのです。
また結婚の時に母が刺して持たせたカンタが素晴らしければ娘も
  
良い嫁になるとされ、昔は大事な嫁入り道具の一つとされました。
単調な家庭の縫製に始まったカンタは、やがて政治的なベンガルの時代の変遷の中で、人々の心を映し、守るべきものとして創造芸術の域に達して行きました。
現在では質の高い民族芸術として広く世界に知られています。
 
伝統のカンタの持つ美しさと呪力、祝の精神は現代のカンタにも生き続けています
「蓮と生命の樹/包布」1870年頃
提供:福岡アジア美術館
所属:JahanaraZainulAbedin

何世紀にも亘って、ベンガルの農村の女たちは布の上に刺繍で夢を描いてきた

やさしく葉を揺らすヤシの木陰で 家族が暖かく快適にすごせるように

古布を重ねてキルティングにいそしむ女たち

心に浮かんだままのイメージを 軽快に動く指先で 針を筆 糸をパレットにして

白い布のキャンパスに描く

彼女たちの針が話すのは特別な言葉 直線縫いで語るカンタの言葉

◆蓮の花
神様(ヒンドゥー教、仏教)が降りてくる場所を表し、昔のカンタでは中心
に刺繍された神聖な柄。バックの白生地に白糸で全面に細かい刺し子
の地刺しを施し、その上に蓮のモチーフが描かれている。
◆動植物
昔からカンタでは、素朴で身近な魚や馬、孔雀、サソリ、キンマの葉等が災いを避け、家族に幸福を呼ぶとして多く描かれている。
◆生命の樹
生命の樹のモチーフは世界中で見られるが、カンタでは布の四隅に様々なデザインで描かれ、枝の広がりが繁栄と豊穣の意を持つ。
◆自然
波紋のように家族の広がりを意味する波、あらゆる生命を取り込む渦巻は使うものに幸運をもたらす。
《参考文献
図録「生活とアートⅡベンガル刺繍 カンタ-その過去と現在」
福岡アジア美術館2001年
◆神様
◆最近のカンタの柄
最近のカンタにも、昔ながらの人や動物、自然を題材にしたモチーフが使われています。家より人の方が大きかったり、とても小さな象がいたり、と微笑ましい限りですが、今に引き継がれる伝統を身近に感じられると同時に、斬新なデザイン性も感じます。
◆象
◆ライオン
◆猫
◆幻の動物
◆太陽
◆小鳥
ヒンドゥー教の神様
 
当店では、カンタのオリジナル製品を取り扱っております。インドの手仕事の魅力をお楽しみください。
人気のストール・マフラー
手刺繍のストールやマフラーは、一枚の布でシンプルなお洋服を全く別の装いに変えてしまう魔法の布。当店で扱う巻物には大判のストールと手軽に巻けるマフラーがあります。
洋 服
サンサールのカンタ服は日本の縫製で、手仕事のカンタを使った一点ものです。どこかにカンタをあしらった、シンプルだけれど長く着て頂ける落ち着いたデザインに仕上げています。
日 傘
様々な色合いの動物や神様の伝統柄、農村風景、ひたすら直線の刺し子等、カンタのシルク布と厚手の麻を取り合わせたサンサールならではのオリジナル。UVカット率も高く、紫外線の強くなる春からも必須のアイテム。
着物帯
着物の好きな方は、世界中の手仕事の布を使った帯で楽しんでいます。日本の和装は異素材の布を取り入れ、カンタも素敵な帯に生まれ変わりました。お着物との相性の良さを実感して下さい。
雑 貨
カンタの布を使ってサンサールのメンバーが自分が欲しい、プレゼントしたいと思う小物雑貨を作りました。手軽に貴重な手仕事を楽しめる作品です。和の小物も取り揃えていきます。
バッグ
和とインドの技の融合のバッグです。カンタの布を使い日本の手技で仕上げたバッグは、和装にも洋装にもマッチするデザイン。時に主張し、時に控えめに、貴女に寄り添ってくれます。
  
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now